監視カメラを設置するメリットやデメリット

監視カメラの増加

近年は、防犯意識の向上から監視カメラの設置数が増えてきています。監視カメラを設置することにより、どのようなメリットが得られるのか紹介していきます。

監視カメラがある建物とない建物の比較

監視カメラがない建物

建物内に誰が入ってきたかなどの確認や記録を残すことができません。なにか事件や事故が起こったとしても、状況証拠しか残らないようになってしまいます。設置に掛かる費用が浮きます。

監視カメラがある建物

監視カメラがあると、何かあっても全て証拠映像として残ります。たとえ監視カメラが壊されたとしても、映像は残り続けることが多いので安心です。

監視カメラを設置するメリットやデメリット

防犯カメラ

監視カメラは高い防犯性を発揮

監視カメラが犯罪者を捕まえることに役立つことはよく知られていますが、実は設置するだけでも犯罪の抑止効果があります。監視カメラがあると、全て証拠映像として記録されてしまうので、犯罪者は警戒して犯行を見送る可能性が高くなります。そのために、ダミーと呼ばれる監視カメラも多く設置されています。

監視カメラ

リアルタイム監視システム

最近では技術の進歩により、リアルタイムで監視カメラの映像を確認できるようになりました。スマホなどから、録画されている映像を受信してみることができます。一部の監視カメラでは、このサービスが始まっています。これは、犯罪というより、自宅にいる子どもやお年寄りの安全を守るために付けられることが多いです。

カメラと映像

進化するカメラ

先ほどは、監視カメラに関するシステムの進化を解説しました。ですが、カメラの映像自体も鮮明に撮れるよう進化しています。ひと昔前までは、夜だと視認性が悪かったのにも関わらず、フルHDで録画できる最新のカメラは、暗闇でもはっきりと人の顔を確認することができます。また、値段も安くなっているので手に入れやすくなりました。

広告募集中