ガードマンが利用される場面や利用するメリット

気になる仕事

イベントや建物の入り口などでよく見かけるガードマンですが、警備以外にどのような仕事をしているのか気になったことはありませんか?ここからはガードマンの仕事内容について紹介していきます。

ガードマンの仕事内容

  • 施設警備
  • 交通誘導警備
  • 輸送警備
  • 身辺警備

ガードマンが利用される場面や利用するメリット

男性

施設警備の仕事内容

ガードマンと聞いて初めに想像するのはこの施設警備の仕事でしょう。商業施設やビルなどの入り口に立ったりして不審な人物がいないか見張っています。もし不審な自分物などを見かけたら、任意で質問などを行います。おかしいと感じたらそのまま捕まえて警察に連れて行ってもらうこともあります。

交通誘導警備

工事現場で道路を片側塞いでしまっているような状況で、交通誘導を行って危険を回避するための業務です。交通誘導警備は細かく分けると雑踏警備という仕事もあります。雑踏警備は、お祭りやイベントなどの人がたくさん集まる場所で、誘導などの業務を行います。

防犯効果が高い

ガードマンがいると、犯罪を犯そうとしている人の抑止力になります。特に多くの人が出入りするビルや商業施設にガードマンは必須です。利用は基本的に時間制になっています。何時間ガードマンを利用したかで料金が変わってきます。常駐させることで、費用を抑えることができます。

ガードマンがよく利用される場面・仕事

no.1

施設の巡回

施設内に不審な自分がいないか巡回業務を行います。昼だけでなく、夜も行います。警備会社に依頼される仕事のほとんどがこの巡回業務になります。

no.2

現金輸送

現金郵送は、ガードマンが必須となるほど犯罪者に狙われやすいです。イベントなどの売上金や銀行への現金輸送にガードマンはよく利用されています。

no.3

企業の受付業務

企業の受付は女性が行っている印象ですが、実は警備会社を利用している企業も多いです。ガードマンを利用することで防犯効果も得られます。

no.4

イベントの警備

イベントでは、有名人の方がステージを行うことが多いです。有名人の方に危害が加えられないように、楽屋やステージ周辺の警備を行います。

no.5

イベントの誘導

イベントでは警備だけの仕事ではありません。多くの人が参加するイベントでは、ガードマンによる誘導が必要になります。

広告募集中