老人

アースクリニック

困る

池袋やその他の地域でも、デリケートな問題に関してはなかなか検査にも行かないという人が多いです。ですが泌尿器系は悪化する可能性もあるので、泌尿器科に行ってしっかりとケアすることが大事になってきます。

詳細を確認する

こんな症状が出た時は

医者

新宿の泌尿器科はインターネットやスマホで探してみましょう。年齢のせいと諦めずに受診してみることが大切です。症状が悪化してから病院に行くのではなく、普段から健康管理をして維持していくことを心がけましょう。

詳細を確認する

性病を治療するには

看護師

排尿トラブルは多くの人を悩ませるトラブルです。一人で抱えこまずに泌尿器科へ相談しましょう。尿検査などを行なうことで、トラブルの原因が分かります。尿管結石などになった時には、適切な治療と再発防止の生活習慣を作ることが大切です。

詳細を確認する

放置していても治りません

気をつけること

困る

尿漏れを自覚したら、日々の日常生活の中で気をつけなくてはいけないことがあります。例えば、水分の摂り方などが特にそうです。尿が近い、もしくは漏れてしまうという方の多くが水分を控えて飲むようになると言われています。もちろん、過剰に飲み過ぎては尿が近くなり漏れてしまうこともあるのですが、逆に摂らなすぎの状態も危険です。というのも、水分が少ないと便秘になりやすく、膀胱が圧迫したりして失禁しやすくなるからです。また、水分が少ないと血液濃度が高くなりやすく、それが原因で尿漏れを引き起こすことも判明しています。このようなことがないように水分については摂らなすぎず、摂りすぎずの精神でいることが大切となってきます。

妊娠中と産後

妊娠中、もしくは産後の尿漏れというのは比較的起きやすい部類に入ると言われています。お腹が大きくなる中期から後期が最も起きやすいと言われています。これは、胎児の重さによって膀胱に圧力がかかりやすく、ふとした衝撃で尿が漏れてしまうからです。また、比較的尿漏れになりやすい人というのは痩せ型で静脈瘤が出やすく、頻尿傾向にある人だと言われています。このような人というのは骨盤底への負担も大きく、尿漏れしやすい身体にあるとされています。体質の他にも生活習慣によって尿漏れは引き起こされやすいので、妊娠中や産後には十分に注意する必要があります。妊娠中や産後の尿漏れについてはかかりつけの産婦人科や泌尿器科に相談することで適切なアドバイスをもらえます。尿漏れについて相談することを恥ずかしがらないことも大切です。